子供の乾燥肌2014.07.30. // 未分類

冬になると、子どもの肌がとても乾燥してかゆくなってしまうのが気になります。もちろんかゆみ止めのローションを塗ったり、保湿剤を塗ったりしていますが、なかなか改善しません。そこで、石けんを変えてみることにしました。今までは「潤いを残して洗います」みたいなボディシャンプーを使っていましたが、結局のところ、そういうのって合成洗剤なのです。合成洗剤というのは、合成界面活性剤を使ってあるわけで、以前から体にはあまり良くない、というようなことも耳にしていました。アトピーの子を持つ友達も、石けんのほうがいいと言っていたので、昔ながらの白い純石けんを使ってみることにしました。香料も入っていないので、匂いが気になるという人もいるかもしれませんが、私は特に気にならず、問題なく使えました。ボディシャンプーのように、流したあとのヌルヌル感がなく、スッキリした洗い上がり。使い始めたらこっちのほうが気持ちがいいということに気がつきました。そして、シャンプーとリンスのほうも石けんシャンプーに切り替えてみました。昔、固形石けんで髪の毛を洗った従姉妹が「髪がゴワゴワだ~」と言っていたのが、強烈に印象に残っているので、さすがに固形石けんを使う勇気はありません。でも今って、石けん成分で髪も洗えるシャンプーやリンスもいろんな種類があるので、自分にあうものを探してみるのもいいかもしれません。石けん自体が傷んだ髪を修復してくれるわけではありませんが、良いもの使っていれば髪の毛も健康になるのだそうです。